スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊予柑の話(みかんpart4)

これからが旬の伊予柑のお話。
 みかんがそろそろ終わりになってくると、伊予柑が主役になってきますね。
 「伊予」とついていますが生まれは山口県です。1887年に中村さんが発見しました。その後愛媛県松山で栽培が行われ、味の良いものが選抜されて今日に至ります。
20120109iyokan.jpg

 そんなこんなの日本固有種のいよかん。どうやらみかん類とオレンジ類の雑種の様です。たまたま見つかったんで正確な系統はわからないのですね。でも、[みかん]×[オレンジ]だから>>>「タンゴール」!!て事で。

 現在は松山の宮内正義さんの果樹園で1952年に見つかった枝変わりが受け継がれ、「宮内いよかん」として9割のシェアを占めています。じっくり3月まで熟成させた高級伊予柑は「紅弥生」なんですね。
 ちなみに、タネあります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渋谷フレッシュオーワダ

Author:渋谷フレッシュオーワダ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。