スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みかんのお話(多分part1)

みかんのお話

20120108.jpg

 そうは言っても、みかんはそろそろ終盤なんです。
 でもね、だからこそみかんのお話をやろう!!と思い立ったわけ。

 昨年は「桃の話」←やらずじまい。。「梨の話」←系図書いただけ。。「りんごの話」←系図書いただけ(あ、ちょっと書いたか)。。「いちごの話」←手付かず。。「柿の話」←すっかりぶっ飛び。。でしたんで、そろそろみかんがオシマイだ、てんで「ぽんかん」だの「伊予柑」だの「清見」だの「デコポン」だのが出てきますから、このあたりを狙ってタイムリーに行ってみようと思うわけです。
 えっ!?どうせ無理だろ、て!?。。。まぁ、行けるところまで行きますわ!!

○みかんの大雑把な話!!

 温州みかん、てのはご存知でしょうか。そう、いわゆる「みかん」ですね。温州なんて言うから中国由来だと思っている方も多いかも知れませんが、れっきとした在来種。鹿児島県長島が発祥です。これは基本種なしなんですね。その後色々改良されてバリエーションも豊富。おおよそ6種類に分類できます。

 ①在来系 由緒正しい割には今は殆ど栽培されていません。
 ②池田系 大阪生まれだそうです。
 ③伊木力系 長崎生まれだそうです。結構よく見かけます。さすがは大産地??
 ④尾張系 またの名を「改良温州」。まぁ名の通り尾張生まれね。
 ⑤平系 いわゆる愛媛みかんはこのパターン。
 ⑥早生系 大分生まれ。最近出てきたのね。

 そんなこんなで細かく分けるとみかんは数百種もあるんだって!!生産者の方はこの品種を選んで改良して、栽培方法もマルチ(土をシートで覆って水分を抑制する)とかドリップ(逆に土を冠水させる)とか、乾燥剤を噴霧して実を絞るとか、あの手この手で美味しくなってくるんです。

 そんなみかんですが、完熟収穫を謳っていても、収穫直後は結構酸味が利いていたりします。この頃は甘いみかんが人気の様ですが、実はみかん、この酸味がないとなんだか砂糖水みたいな味になっちゃいます。
 収穫してから日が経つに連れ酸味が抜けて甘みが立ってきます。このあたりがみかんの食べごろなんですが、同じ産地、生産者でも収穫時期に合わせて何種かのみかんを栽培していますので、供給する私達は常にみかんを食べ比べて、お客様の口に入る時にベストな味になるみかんを日々探し選んでお届けする事を心がけております。バイヤーの腕の見せ所でもあるわけです。
 また、みかんは美味しくするために土をいじり樹にも負担をかけますので毎年良いものができるとは限りません。むしろ1年おきに良い年と並の年があるのです。
 もう一つ。同じみかんでしたらサイズは小さいものをお勧めしますよ!!みかんは小さい方が実が絞れて味が濃く載ります。まぁ剥きづらかったりはしますけどネ。

・・・・・こりゃこのペースじゃ清見とせとかが出てくる頃までに追いつけないかも!!取り敢えず今回はこの辺で。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渋谷フレッシュオーワダ

Author:渋谷フレッシュオーワダ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。